引越し時のテレビ(設置と配線)費用を見積もり比較

テレビの引越し方法と費用の見積もりサイトをご紹介します。また、不要なテレビの引き取りサイトもご紹介します。

テレビの引越しは、基本的に引越し屋さんに運んでもらって、自分でセッティング(配線など)をしますが、引越し業者によっては、テレビを運んで、セッティング(配線など)をしてくれるサービスがあります。

テレビのセッティング(配線など)をしてもらいたい場合は、テレビのセッティング(配線など)に対応している業者を探すことが必要です。

こちらで紹介するサイトでは、セッティング(配線など)の項目にチェックをするだけで、セッティング(配線など)に対応した業者だけが費用を見積もりをしてくれるので、簡単に見積もり比較することが出来ます。


下に紹介する見積もりサイトがお勧めです。

(下の紹介例を見て、セッティング(配線など)とテレビの台数の項目には忘れずにチェックしてください。また、その他の引越し荷物にチェックしてください。)

引越しの見積りは、普通1社ずつしてもらうのですが、それでは手間ですし、多くを比較できません。

紹介サイトでは、一度入力するだけで、一括で複数の引越し業者の見積りをすることが出来ます。

厳選して上位の3つをご紹介しています。3サイトとも全て無料でご利用できます。


また、その後に不要なテレビ・その他の引き取り(回収・処分・買取)サイトもご紹介しています。

引越しの際のお役に立てれば幸いです。

引越し時のテレビ(設置と配線)費用を見積もり比較! 第1位“HOME'S 引越し見積もり”

“引越し見積もり価格”   :0円。すべて無料です。
“見積り可能な引越会社” :100社以上の引越し会社。
“主な引越会社”       :サカイ引越センター・ダック引越センター・アート引越センター・アーク引越センター・ハート引越センター・アリさんマークの引越社・日本通運(日通のえころじこんぽ)・ハトのマークの引越センターなど
“対応のエリア”        :日本全国。
“他について”         :引越し料金最大50%割引、引越し業者の特典が一覧できます。
“おすすめ指数”       :★★★★★

“ちょっとしたコメント”    :1番人気でお勧めなのは、「HOME'S 引越し見積もり」です。引越し料金最大50%割引など、引越し業者の特典を一覧できるところが便利です。また、引越しマニュアルも充実していて、引越しのちょっとした疑問も解決できます。私の一押しサイトです。


≪≪≪↓↓↓“HOME'S 引越し見積もり”の公式ページはこちら↓↓↓≫≫≫




“HOME'S 引越し見積もり”について

第2位“引越し価格ガイド”・第3位“ズバット引越し比較”

“引越し見積もり価格”   :0円。すべて無料です。
“見積り可能な引越会社” :100社以上の引越し会社。
“主な引越会社”       :サカイ引越センター・ダック引越センター・アート引越センター・アーク引越センター・ハート引越センター・アリさんマークの引越社・日本通運(日通のえころじこんぽ)など
“対応のエリア”        :日本全国。
“他について”         :お見積り入力は、1分で完結。オフィスの引越しも簡単に見積り。
“おすすめ指数”       :★★★★★

“ちょっとしたコメント”    :2番目に人気でお勧めなのは、「引越し価格ガイド」です。1分で完結!お見積り入力はとても簡単です。また、オフィス・事務所・会社の引越しも簡単に見積り出来ます。


≪≪≪↓↓↓公式ページはこちら↓↓↓≫≫≫





“引越し見積もり価格”   :0円。すべて無料です。
“見積り可能な引越会社” :100社以上の引越し会社。
“主な引越会社”       :サカイ引越センター・ダック引越センター・アート引越センター・アーク引越センター・ハート引越センター・ハトのマークの引越センターなど
“対応のエリア”        :日本全国。
“他について”         :94.0%の方が次回もこのサービスを使いたいという満足度。
“おすすめ指数”       :★★★★★

“ちょっとしたコメント”    :3番目に人気でお勧めなのは、「ズバット引越し比較」です。このサイトもなかなかの人気です。94.0%の方が次回もこのサービスを使いたいという満足度をいただいています。


≪≪≪↓↓↓公式ページはこちら↓↓↓≫≫≫




ここから下は、引越しの際に便利なサービスをご紹介いたします。

不要なテレビ・その他の引き取り(回収・処分・買取)のお勧めサイト


≪≪≪↓↓↓公式ページはこちら↓↓↓≫≫≫

引越し時のテレビ設置と配線について

引越しの際にはテレビを新居を持って行く方は多いかと思われますが、その際に注意したいのが配線についてです。

テレビ自体を持って行くことはそれほど難しくはないものの、意外に苦労してしまうことがあるのが配線であり、テレビ設置の際にどこにどのように付けたら良いのか迷ってしまうケースも珍しくないのです。

特に家電に弱い人の場合は注意が必要なポイントですが、しかしながらちょっとした工夫をすることによってテレビ設置の際にも困らずに済ませることもできます。

まず大事なのが旧居の時点でテレビの配線状態をよく見ておくことです。

いきなり外してしまうとわけが分からなくなってしまう恐れがありますから注意しましょう。

後で困らないようにする為の方法として、まず携帯のカメラで写真を撮影しておくことです。

挿し込みをするケーブルの種類や場所についてよく迷ってしまうものですから、後で再現をする為にも記録しておいた方が安心と言えます。

それほど苦手ではない方なら撮影をしておくだけでも再現できるようになるはずですが、もし心配がある場合は挿し込みをする端子と挿されていたプラグに番号を割り当てておくと良いでしょう。

番号を振っておけばテレビ設置をする際にもその番号同士のところに挿し込むだけで映るようになりますから簡単です。

その際には簡単には取れないシールなどを貼り付けておくようにしましょう。

運搬作業の時にぽろっと取れてしまうと後で分からなくなってしまいますので、しっかりと目印を付けておいた方が安心です。

もしシールのベタ付きが気になるようなら紐でも十分です。

紐を結んで番号を振っておけばベタ付きもおこらないので後で困ることもありません。

しっかりと番号を振ったら今度はケーブルを抜いて梱包をしましょう。

ケーブルを挿したまま運ぶこともできるのですが、もしかしたら破損してしまう恐れがありますので、できれば外しておいた方が良いと言えます。

壊れてしまっては元も子もありませんからそこは手抜きをせずに作業した方が良いでしょう。

梱包をする際にはテレビ用のケーブルということが分かるようにまとめておくことが大切です。

他のケーブルと混ざってしまうとどれがどれなのか分からなくなってしまいますので、テレビ用の物は独立して包装しておくことが大切です。

新居でテレビ設置をする段階になったら事前に撮影したカメラの写真や振り分けた番号ごとにケーブルを挿します。

きちんと事前準備を行っておけばこの段階で困ることはないはずです。

挿し込みをしたら後はテレビがきちんと映るかチェックして完了です。

なお、このような方法で他の家電も困らずに設置できます。

パソコンやビデオ機器などもケーブルが多かったりしますから困るものですが、きちんと写真に残しておいたり番号を振っておけば誰でも簡単に設置することができるはずです。

事前のちょっとした準備をするだけで後が楽になりますから、これから引越しをする際には心掛けてみると良いでしょう。

ところで引越し業者に依頼する場合ですとテレビも運んでもらうことができますし、設置作業も行ってくれますから自信がない時には業者任せにしてしまうのも良いかもしれません。

テレビを外すところから全部やってもらうことができますので簡単です。

また、テレビのような家電は女性だけだったりすると運ぶのは案外難しかったりするものですし、壊してしまう恐れもありますので、安全に運びたい時にも業者に任せた方が良いでしょう。

ただ、業者に依頼すると設置費用が取られてしまうことがあります。

自力でやってしまえばタダでできるところ、業者に頼むだけで数千円も取られることがあるのです。

ですから余計な費用を掛けたくない時には自らトライするのが良いと言えます。

引越し時のテレビ(設置と配線)費用を見積もり比較!メニュー